水素サプリメント|活性酸素を生み出す運動

適度な運動と過激な運動の違い。

運動は適度に行ったほうがいいようです。

運動すると、活性酸素は発生しますが、その活性酸素量よりも抗酸化力のほうが上回るので、適度な運動は、いいようです。

しかし、運動によって活性酸素が発生するというのは、ちょっと厄介ですね。

しかも、適度な運動の、【適度】ってどんなものでしょうか・・・。

カラダがストレスと感じるときには、かなり大量の活性酸素が発生しているのでしょう。

激しい運動をするとなおさらということになりますね。

この時点で、いきなり自分で始めるのではなくて、スポーツトレーナーなどのプロに一度相談をしてみるのも

いいかもしれませんね。

ジムに通うにしても、トレーナーを付けたほうがいいということですね。

いま、こうして、事前に情報として、運動で、活性酸素が発生するといったことがわかったわけです。

では、普段の生活の中で、どのようにしていけばいいのでしょう。

特別激しい運動をすることがない人(そういう方がほとんどでしょう)でも、事前に防ぐことが

できると、安心ですね。活性酸素って、かなり強烈な存在ですから。

そう考えると、何が必要かというと、普段から抗酸化力を鍛えておくということが、必要ですね。

ビタミンCや大豆・ゴマと言ったビタミンEなどで補っておく必要があります。

しかし、食事も大量にできないのが事実です。ビタミンCばかりをたくさんとったところで、

逆に、カラダが大変なことになりそうですね。

そこで、かんたんに活性酸素を抑えてくれるのが、【水素】なんですね・・・

水素が活性酸素は除去してくれるのです。

>>ハイドロゲンEX公式サイト

 

 

水素サプリメントで慢性的な炎症、老化促進と慢性疾患を防ぐ

自覚症状の少ない炎症。しかも、発熱・発赤・腫脹・疼痛の兆候が

比較的少ない炎症。それが、慢性的に続く状態。

通常、炎症反応が現れる場合というのは、自覚症状を

出すことによって、免疫活動が行われていることが知らされているのです。

しかし、自覚症状の少ない炎症は免疫が発動していることを気づかず放置されるか、

症状が軽いので軽視されるかのいずれかで、炎症が慢性的に続くというのは危険を伴うということです。

アンチエイジングや予防医療の観点から考えると、こういった炎症が自覚を伴わない状態で、

慢性的・長期的に続くと、老化や慢性疾患・ガンの原因となっていきます。

中でも、「食物アレルギー」や「持続感染」は気をつけておきたい要因です。

食物アレルギーというと、大多数の方が卵やそばなどでショックを起こすような「即時型アレルギー」を

考えますが、今までの話の中での慢性的なアレルギーというのは、「遅延型アレルギー」になります。

遅延型アレルギーは、そのアレルギーの反応の特徴により

・摂取後数時間後におこる(6時間以上)

・症状は慢性的で、中等度から軽度(ない場合も多い)

・抽象的な自覚症状

自覚症状を挙げると、

・疲労感、倦怠感

・憂鬱感

・皮膚症状、アトピー様症状

・筋肉痛、関節痛、リウマチ様症状

・肩こり

・不眠

・肥満、痩せ

・肝機能障害

・消化管障害(下痢・便秘)

といった具合で、全身にあり、「アレルギーっぽくない」のが特徴です。

>>ハイドロゲンEX公式サイト

>>ナチュラ水素公式サイト

 

水素サプリメント|活性酸素と慢性炎症の関係

慢性的な炎症の原因として考えられるのは、

・感染が続いている状態

・アレルギー

・活性酸素(悪い活性酸素)

になるでしょう。

感染が持続している部分やアレルギーで炎症を起こしている部分からも

活性酸素は大量に作られています。炎症と活性酸素はお互いに

増幅するという関係になります。

以上のことを踏まえ、慢性的な炎症を抑えるには、

「炎症原因を取り除く」事が重要です。

感染している菌・アレルギー・活性酸素を取り除くことになります。

酸化・糖化・炎症の原因を取り除くことで、細胞自体を活性化させることができます。

細胞を正常な状態に導くことが大切です。

本来の細胞が正常でない状態で、どんなにいいものを補充しても効果は期待できません。

細胞のレベルが正常に活性化すると、栄養やサプリメント、プラセンタやホルモンなどの

効果が段違いに良くなります。

>>ナチュラ水素公式サイト

水素サプリメント|炎症と活性酸素の関係

炎症というのは、細胞や組織を外敵から守るための機能です。

私たちのカラダは様々な外敵にさらされています。

ウィルス・細菌、化学物質、アレルギー物質、紫外線・放射線、物理的な刺激など

細胞や組織を壊す外敵は数多く存在しています。

その外敵から、自分のカラダを守るために「免疫」が働きます。

炎症がひどい場合には、お薬を使いますが、薬で抑えすぎないようにします。

 

しかし、慢性的に起こっている炎症というのは少し違うようです。

微弱な免疫が常に働き、自覚症状がないレベルの炎症がずっと続きます。

この慢性炎症は、問題ないように感じられますが、これが長期的に続くと結局は

自分のカラダに影響を与えてしまいます。

例えば、長期的な「胃炎(ピロリ菌)」がつづくと「胃がん」の原因になります。

自覚症状のほとんどない「糖尿病」も糖化劣化部の炎症が多くの合併症を引き起こします。

そして、問題は「自覚症状がないので、放置されてしまう」ことにあるようです。

一過性のものは炎症自体が小さいので放置されますが、それが長期間になることが問題のようです。

>>ハイドロゲンEX公式サイト

水素と加齢臭

加齢臭の原因のひとつに「皮脂の酸化」があります。

皮脂は不飽和脂肪酸という酸化しやすい油でできています。その皮脂がカラダの内側や外側で作られた

活性酸素(一重項酸素やヒドロキシルラジカル)によって、酸化・変性、それが原因でニオイを発生します。

そう考えるとカラダをきれいに洗っても防ぐことは難しいのです。

活性酸素が発生し続ける以上、皮脂の酸化は防げませんので、ニオイのもとを断つことはできないのです。

さらに、加齢臭というのは、自分のカラダの匂いですので、自分ではほとんど気づかない

(自分がさびていく・酸化していくのは気づきにくいです)のが現状です。

加齢臭は男性だけのものではなく、閉経した後の女性にもあらわれます。

>>Zeo7(ゼオセブン)公式サイト

水素サプリメント|水素を生活に取り入れる

毎日の生活に水素を取り入れることによって、エイジングケアができます。 カラダの中にある活性酸素を除去する機能は35歳前後で、衰え始めていきます。 私たちのカラダにはもともと、SOD(スーパーオキシドジスムターゼ)が備わり、 過剰な活性酸素を除去してくれています。 しかし、年齢とともにSOD(スーパーオキシドジスムターゼ)は減少していて、 35歳前後をさかいに過剰に活性酸素が発生しやすくなり、カラダにダメージを与えています。 >>ハイドロゲンEX公式サイト

水素サプリメント|活性酸素はカラダにダメージを与える

過剰に増えた活性酸素はカラダにダメージを与えてしまいます。

ストレスや紫外線、喫煙・飲酒などの生活習慣により、過剰に増えてしまった

活性酸素は、古くなった細胞だけでなく、新しく出来た細胞まで攻撃してしまい、

分解してしまいます。

これが、年齢に関係なく肌をはじめ、あらゆる器官の

エイジングスピードを速めてしまうと言われている「酸化(さびる)」です。

肌の老化はもちろん、カラダの不調の原因にもつながっていきます。

>>ナチュラ水素公式サイト

水素サプリメントはこのような方にオススメ

水素サプリメントは次のような方にオススメいたします。

・ストレスを抱えている方

・疲れやすい方

・激しい運動をする方

・サプリメントの体感が薄れたと感じる方

・老いを感じる方

上記のような悩みのある方には水素サプリメントはぴったりです。ストレスを感じている間にはかなりの量の活性酸素が出ています。しかも、その出来た活性酸素はカラダの様々な場所で悪さをします。人前で鼻したり、極度の緊張がある場所、大事な商談や定期テストや入試など、人間社会は年令に関係なく、様々なそして複雑なストレスを抱えて生きていく社会です。原因となる活性酸素を落としていくことで、カラダはとても楽になるのです。

水素サプリメントで健康維持をしていきましょう。

 

>>ハイドロゲンEX公式サイト

水素を病気の治療に活用

実際に水素を治療に活用し始めている病院もありました。

辻クリニック 辻直樹院長

水素の特性(水素の特性を活かした治療)というのは、圧倒的に強い抗酸化作用・抗炎症作用・抗アレルギー作用を利用した治療をやっている。

水素療法・水に水素を溶かした点滴、例えば、動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・パーキンソン病・リウマチ・膠原病・糖尿病や肝炎にも効果があることがわかってきている。

実際に臨床上効果を出している。水素を含んだ内服薬や、水素をオイルに溶かしこんだ外用薬もある。

外用薬であれば、小児に多い、アトピー性皮膚炎だとか、もっと言えば、老化によるシミ・シワ・たるみというレベルまで使える。

肌の中の水分と反応することで、14〜5時間ほど水素が発生し続けるため、内部で生まれた活性酸素を除去してくれるんだそうです。

今後、水素と医療の関係はどうなっていくのか、論文ベースでは、あらゆる病気の根本に働きかけ、あらゆる病気に効果があると言われている。

メリットは副作用が全くないというところ、今後は治療法、予防法として広まっていくと考えられている。

水素サプリメント・水素水の効果が病気の予防に

なぜ今、水素サプリメントや水素水が注目されているのかその秘密を教えてくれるのが、世界的な水素研究の第一人者、太田教授です。 水素は、老化やがんの原因になる活性酸素を減らすという作用があるのです。 そこで水素は、動脈硬化とか、心筋梗塞などの予防や治療に効果があるのではないか、使えるのでなないかということで 研究が進められています。 太田教授の研究は世界的な医学誌、ネイチャーメディシンにも掲載されています。ちなみに、この医学雑誌に掲載されたのは2007年のことです。老化や病気の悪化に関係する活性酸素が水素によって除去できる・・・。 今や水素は、世界中で研究が進められる大注目の物質になっているんです。

人の体が酸化していくこと、すなわち、さびることが病気や老化の原因になるということです。活性酸素が老化や生活習慣病を引き起こす害になるのです。生活習慣病・老化とは、高血圧、糖尿病、メタボや内臓の老化や肌のシミ・シワなどになります。

それらを引き起こす原因が活性酸素であり、それを抑制するものが水素ということになるのです。

また、老化については、ミトコンドリアと活性酸素が密接に関わっています。ミトコンドリアは私たちが生きていくために、必要なエネルギーを生み出しています。ですが、エネルギーを作り出す過程で、できの悪いミトコンドリアは活性酸素を増やしてしまいます。老化を早める原因です。この原因を食い止めてくれるものが水素サプリメントや水素水に含まれる水素ということになるのです。

まるるサーチ 生漢煎 防風痛聖散 口コミ買物生活ほんでなんぼ?/■バックリンク花子Vプリカ