水素|疲労の原因である活性酸素を抑える

疲労の原因は活性酸素だった

今までは乳酸が疲労物質とされてきましたが、乳酸は疲労の原因ではなく、壊れた組織を回復させる物質ということが細菌の研究でわかってきました。
なぜ、疲労の原因が乳酸とされてきたかというと、過去の研究データで筋肉中の乳酸の値が高くなるのが激しい運動をした後だという事が報告されたからなのです。

カラダで乳酸ができる仕組みですが、わたしたちは呼吸などで取り込んだ酸素を細胞内部で燃焼させ、エネルギーを生み出しています。その生み出されたエネルギーがわたしたちの活動の源になります。ですが、激しい運動でエネルギーを消費してしまうと体中に酸素の供給が追いつかなくなってしまい、カラダの中に酸素が少ない、いわゆる無酸素に近い状態になってしまいます。
こういった状態の時、カラダの中ではもともと貯められているブドウ糖やグリコーゲンなどをエネルギーに変えて、酸素不足を補ってくれます。このエネルギーを変換するときに生み出される物質が乳酸です。激しく運動をした時に血液や筋肉の内部で乳酸値が上昇するのは、ごくごく当たり前のことなのです。この当たり前の現象が疲労の直接の原因として語り継がれてきたのです。

細菌の研究結果では、運動直後の疲労状態がマックスの時には、乳酸値は運動前の状態に戻っていることがわかったのです。ですので、疲労の原因が乳酸であるというのは違うと言われはじめたのです。

疲労の原因は細胞ないの活性酸素が関係していることが分かってきました。わたしたちは取り込んだ酸素を細胞内部で燃焼させ、エネルギーを生み出していることは先にも書きましたが、このときに同時に活性酸素も作り出しているのです。この活性酸素が問題となるのですが、普通、この活性酸素は細胞内にある抗酸化物質が取り除いてくれますが、激しい運動などによって過剰にエネルギーを生み出されると活性酸素の発生量も増え、活性酸素を除去する能力が追いつかない状態になります。細胞の内側にある活性酸素は細胞内部を傷つけてしまい、細胞の機能は低下します。その状態がさらに活性酸素増やす状況になります。それによってわたしたちの活動そのものが鈍くなってしまいます。いわゆる疲労の状態です。

この活性酸素による細胞の疲労の状態は筋肉内部で起これば筋肉疲労、ストレスや精神的なものは脳内や神経内部で起こります。外側・内側、いずれも細胞が傷つく状態になり疲労が起こります。