水素サプリメント|水素水の脳への効果②

2016-06-15

脳細胞に活性酸素がたまると、水素サプリメント|水素の脳への効果①で書いたとおり、いわゆる“脳の冴え”というものがなくなってしまいます。 疲れきった脳でも一晩寝て元に戻るくらいであればまだまだ問題はないでしょう。 しかし、年齢を重ねていくとともに脳の回復力も低下していき、さらには脳細胞そのものにダメージを与えてしまう物質でもある、活性酸素がどんどん脳内に溜まっていくようになってしまいます。 そのような状態が長年続いてしまうと、いわゆるアルツハイマーやパーキンソン病、記憶力の低下などの原因になってしまうのです。 ここ最近問題となっている老人性痴呆症も活性酸素が原因として考えられているのです。 ましてや現在ではそういった症状が若い年代にもでてしまうということが大変危惧されています。 体に多大なストレスを抱えやすい現代社会では、活性酸素が発生しやすく、そういった症状を引き起こしてしまう脳細胞の破壊を起こさせる大きな原因として問題視されているのです。 このようにたまりやすい活性酸素を抗酸化作用の高い水素水や水素サプリメントを毎日摂取することによって体内に活性酸素がたまりにくくなっていきます。 摂り続けることで体内のいろいろな細胞にダメージを与えてしまう活性酸素をしっかりと除去してくれるので、脳への影響による記憶力の低下くらいならいち早く改善をみることもできるようになります。 すでに活性酸素によってダメージを受けてしまった脳細胞が戻ることはないわけですが、これから生きていく中でダメージをなるべく受けないようにすることがとても大切になってきます。 最近医療の分野では、水素が進行形のアルツハイマーなどの進行を抑えたり、遅くしたりすることができるという研究も行われています。 脳にある海馬のシミが活性酸素のダメージによってこういった脳障害が起ると言われいて、それが記憶力低下の大きな原因のひとつになっているということです。 この脳内の海馬を酸化させることによって脳障害がいろいろ起こるとも言われているので、酸化を防ぐためにはまず、脳内の活性酸素の量を減らすということが本当に大切なことになるのです。 またまだ正常な脳である人でも、そのようにならないために水素水や水素サプリメントでしっかりと水素を摂り、活性酸素を減らしていくといいでしょう。