水素サプリメントと認知症

2016-08-05

水素サプリメントと認知症

水素水は認知症にも効果があるといわれています。
水素水は、血液と脳の間にある「脳関門」を通れる数少ない抗酸化物質なのです。
水素サプリメントとうつ病の項目参照
脳関門とは、血管から脳へ流れる物質を選択・制限する脳のバリア機能です。

そもそも認知症の原因は、活性酸素などにあります。活性酸素が脳の神経細胞が傷つけてしまい発症すると考えられています。脳内に発生した活性酸素を除去するには抗酸化物質が必要です。しかし、脳関門があるためにほとんどの抗酸化物質は脳内に到達することはできません。理由は、ほとんどの抗酸化物質は脳関門よりサイズが大きいために脳内には届きません。しかし、水素サプリメントにより発生する水素は脳関門を簡単に通過して脳内に発生した活性酸素を除去してしまいます。

水素サプリメントにより発生する水素と認知症に対する効果は、水素の第一人者、日本医大の太田成男教授らのマウスを使った経過観察の実験で明らかになっています。ストレスをたくさん与え記憶力低下を起こしたマウスに普通の水を与えるグループと水素水を与えるグループに分けるという実験です。

その結果、水素水を飲ませたマウスの方は普通の水を飲ませたマウスより、明らかに記憶力が高いという実験結果が出ました。その記憶力はストレスを与えられていないマウスとほとんど同じだったそうです。極度のストレスにより脳内に発生した活性酸素が、水素によって除去されストレス状態が改善された証でもあるのです。

このような実験によって、水素水・水素サプリメントにより発生する水素が人間の認知症改善に効果が期待され、副作用なども無いことから医療などの現場にも取り入れられるようになってきました。