水素サプリメントとパーキンソン病

水素サプリメントとパーキンソン病

パーキンソン病は、1817年にジェームズ・パーキンソンが初めて報告した病気です。
脳内の神経細胞が活性酸素などにより変性・脱落し、神経伝達物質の1つであるドーパミンが不足することで起こると言われています。

症状としては、主に40~60歳代に発症する病気で、手足の震え・手足のこわばり・動作緩慢・倒れやすくなるなどといったことがあげられます。
治療法は、脳内から不足してしまった神経伝達物質の1つであるドーパミンを補給する薬物療法、運動療法によるリハビリテーション、手術による外科治療などがあります。

水素サプリメントから発生する水素・水素水がパーキンソン病に有効であるといったことも明らかになってきています。
2009年、パナソニック電工と九州大学大学院薬学研究院が行った研究では、水素がパーキンソン病に有用である可能性が示されました。水素水を摂取することで、活性酸素がとりのぞかれ、パーキンソン病の症状である脳内の神経細胞の変性・脱落を抑えることができたのです。
そして、水素はその原因である、活性酸素によるDNAの酸化損傷を抑制する効果も確認されています。これらの研究結果により、水素サプリメント・水素水がパーキンソン病の治療に有用である可能性が高まったのです。

しかし、近年では高濃度の水素を溶存させた水である水素水、水素点滴、水素注射など、これらの神経疾患の予防・治療できるのではないかという可能性があり、研究がすすんでいます。

宇宙で一番小さな分子である水素は細胞の隅々にまで一瞬にして浸透します。しかも、悪玉活性酸素のみを選択して除去するので、高い予防効果があると考えられています。