水素サプリメントで慢性的な炎症、老化促進と慢性疾患を防ぐ

2016-02-06

自覚症状の少ない炎症。しかも、発熱・発赤・腫脹・疼痛の兆候が

比較的少ない炎症。それが、慢性的に続く状態。

通常、炎症反応が現れる場合というのは、自覚症状を

出すことによって、免疫活動が行われていることが知らされているのです。

しかし、自覚症状の少ない炎症は免疫が発動していることを気づかず放置されるか、

症状が軽いので軽視されるかのいずれかで、炎症が慢性的に続くというのは危険を伴うということです。

アンチエイジングや予防医療の観点から考えると、こういった炎症が自覚を伴わない状態で、

慢性的・長期的に続くと、老化や慢性疾患・ガンの原因となっていきます。

中でも、「食物アレルギー」や「持続感染」は気をつけておきたい要因です。

食物アレルギーというと、大多数の方が卵やそばなどでショックを起こすような「即時型アレルギー」を

考えますが、今までの話の中での慢性的なアレルギーというのは、「遅延型アレルギー」になります。

遅延型アレルギーは、そのアレルギーの反応の特徴により

・摂取後数時間後におこる(6時間以上)

・症状は慢性的で、中等度から軽度(ない場合も多い)

・抽象的な自覚症状

自覚症状を挙げると、

・疲労感、倦怠感

・憂鬱感

・皮膚症状、アトピー様症状

・筋肉痛、関節痛、リウマチ様症状

・肩こり

・不眠

・肥満、痩せ

・肝機能障害

・消化管障害(下痢・便秘)

といった具合で、全身にあり、「アレルギーっぽくない」のが特徴です。

>>ハイドロゲンEX公式サイト

>>ナチュラ水素公式サイト