水素サプリメント|水素と乳幼児や子供のアトピー

2016-06-15

アトピー性皮膚炎の場合、基本的には塗り薬つまりはステロイドが含まれているお薬が処方されます。しかし、強いお薬は使いたくないですよね。

さらに少し大きくなって幼児になると心配なのが、気づかないうちに痒いところを赤ちゃんのときより強くかいてしまい皮膚をかき破ってしまうということです。

あまりの痒さに思い切りかいてしまい、ひどい状態になってしまうことがほとんどです。痒みは我慢できないものですから、どうしてもかいてしまします。

お母さんとしては、幼児も赤ちゃんも、もちろんですがとにかくアトピーはいち早く痒みを抑えてあげたいとおもいます。かき過ぎてしまって皮膚の状態が悪くなってしまった様子やかゆみに耐え切れずに泣きだしたり、必死にかきむしっている姿を見ることは親として本当につらいものです。

本当に軽いアトピーはだんだん大きくなっていくと自然に治っていくものですが、やはり心配なことに変わりはありませんし、それがいつ治るのかなんてことは予測することはできません。

昔はあせもとアトピーの区別というものが大差なく、あせもがひどい赤ちゃんという診断だったりして、特別にアトピー性皮膚炎というふうな診断は少なかったようです。

しかし、現在では、成長とともに大きくなってきた子どもたちも自然治癒をすることがなく、そのまま成長してしまい、アトピー性皮膚炎がひどくなっていくといった場合が多くあるそうです。

ですので、そういった状況になりにくくするためにも赤ちゃんや乳幼児の時に様子がちょっとでもおかしいな、不安だなと感じた場合は、すぐに体質改善を始めてあげたほうがいいでしょう。

これから赤ちゃんが欲しい人、赤ちゃんがいる人は今から水素サプリメント・水素水で活性酸素の少ない身体・体質改善をしていくようにするといいですね。