水素で防ぐ生活習慣病の原因〜活性酸素〜

水素で成人病を防ぐ

【成人病】とは脳卒中、ガン、心臓病などの病気のように40歳前後から急激に死亡率が高くなり、しかも全死因の中でも上位を独占しています。働き盛りの40歳から60歳に多い病気の事を指しています。

成人病という言葉は、昭和30年代、厚生省が使うようになった行政用語です。その後の成人病の医学研究、疫学調査の繰り返しによって、さまざまなことが分かってきています。その原因の多くが患者の生活習慣に根ざしたさまざまな事が要因としてあること、そして、活性酸素によるものが原因の根本として考えられるようになりました。

この成人病ですが、現在では生活習慣病と呼ばれています。いわゆる成人病の多くは食生活、生活の中に運動が取り入れられているか、喫煙や飲酒の習慣、休日・休息・休養のとり方と言った生活全般から、生活習慣が原因として考えられるようになってきたからです。

こう呼ばれる様になったのは、食生活の変化による欧米化の食事、食事そのものの高カロリー化、後は、成人病発症年齢の低年齢化があげられます。例を挙げると、小児肥満、若年層に増加している高脂血症患者、糖尿病とその予備軍の年齢層の低下などです。

成人病〜生活習慣病〜を予防すること、克服していくことに必要になるのが生活習慣そのものを見直して、活性酸素の多量発生を防いでいくことにあります。活性酸素を防ぐことが重要なポイントの一つになっています。

活性酸素を抑えていくためのポイント

・食事の取り過ぎを防ぐ。

暴飲暴食を防ぐことで、活性酸素を抑えることができます。過剰に食事を摂ることで、エネルギー過多になり活性酸素が増えます。腹八分目を心がけ、食べ過ぎには注意しましょう。

・動物性の脂を減らす。

牛や豚の脂身、バターやラードがたっぷりと使われている食事は避けていきましょう。

・ストレスの解消。

仕事の合間の軽い運動、しっかりとした睡眠、休息の時間を大切にしましょう。過度なストレスは活性酸素を発生させます。

・喫煙・飲酒を適度にして、吸いすぎ・飲みすぎないようにする。

・紫外線・放射線を浴びすぎないように。

普通の生活の中で、放射線を浴びすぎることはないと思いますが、紫外線はかなり浴びています。曇りがちな空でも紫外線は降り注いでいます。UVケアを心がけましょう。

・ビタミンC、ビタミンE、βカロテンなど抗酸化物質を取りましょう。

抗酸化体質を作ることも大切です。ビタミン剤などもしっかり選び、合成ビタミンの過剰摂取にならないように、天然のビタミンをしっかり補いましょう。

・タンパク質をしっかりと取ること。

タンパク質は抗酸化物質のタダスケをするとても大切な栄養素です。良質なタンパク質をしっかり取りましょう。

・ポリフェノール、フラボノイドなどの抗酸化物質を取りましょう。

柑橘類の果肉、赤ワイン(適度に)、カテキン(お茶)、玉ねぎ(ケルセイン)、ブロッコリーや大豆製品(イソフラボン)などをできるだけとれる食生活にしましょう。抗酸化力が高い食事になります。

・水素水や水素サプリメントを積極的に取りましょう。

水素が活性酸素を抑えるには1番です。

 

毎日の生活でできることがほとんどです。活性酸素をできるだけ発生させないようにすることで、生活習慣病を未然に防ぐことができます。