水素サプリメントで活性酸素が原因とされる疾患・成人病を防ぐ

2016-06-12

活性酸素が原因となる病気

「アルツハイマー型痴呆」「潰瘍性大腸炎」「肩こり」「がん」「肝炎」「気疲れ」「急性膵炎」「虚血性心疾患」「虚血性腸炎」「クローン病」「血管透過性が亢進」「高血圧」「紫外線障害」「自己免疫疾患」「ショック」「腎炎」「心筋梗塞」「ストレス性潰瘍」「テンカン発作」「成人呼吸窮迫症候群」(ARDS)」「凍傷」「糖尿病」「動脈硬化」「脳卒中」「肺気腫」「パーキンソン病」「播種性血管内血液凝固:DIC」「白血病」「白内障」「貧血」「浮腫」「放射線障害」「未熟児網膜症」「薬剤性肝障害」「リウマチ」「老化」

 

・ガン ・転移ガン

活性酸素によって細胞膜が破壊され、細胞の核にある遺伝子は1000個ぐらいに切断され、その中に50個もあるガン遺伝子がガン細胞を作る。ガンを抑制する遺伝子は数個あります。

誰でも1個の細胞の染色体の中にガン遺伝子(DNA)を50個持っている。この染色体が活性酸素などのフリーラジカルで切断されると、他の細胞に働いてガン化することが分かってきました。

発ガンした細胞の微少ガンは、通常は免疫機能が働いて破壊されますが、老化などで免疫力が弱まると、そのガンが増殖をはじめます。1個のガン細胞が1gになるのに、30回の分裂が必要で、10年以上かかります。

ところが、それがさらに1kgまで増殖するには数年で可能になります。

ガン細胞は『ヘムオキシゲナーゼ』(HO-1)と呼ぶ酵素がバリアーとなる物質を作り出し、細胞を殺す作用がある活性酸素の攻撃から身を守っているのです。

正常細胞はHO-1とは異なる酵素で活性酸素を抑えています。

 

・貧血

「鉄分と活性酸素」 身体の中でで発生する「活性酸素」が貧血や免疫不全を誘発することがわかっています。

赤血球や白血球など血液細胞の増殖を妨害するためで、活性酸素を減らす薬を投与すると症状が改善することを動物実験で確認されています。

早期老化症やガンの原因になる遺伝子『ATM』に着目が集まっています。この遺伝子が働かないようにしたマウスは、細胞内で活性酸素の濃度が10倍以上に増えたのです。マウスの体内を詳しく調べたところ血液細胞の供給源になる『幹細胞』が増殖できず、数も減少していました。

活性酸素の濃度を下げる薬を投与すると、幹細胞が増殖し、血液細胞が増えて貧血などの症状が改善したのです。

 

・加齢臭 (ポマード臭)(古本臭)

ニオイの元になるのが(ノネナール)と呼ぶ物質です。皮膚にある皮脂腺のなかで脂肪酸の一種である(9-ヘキサデセン酸)が増え、過酸化脂質と反応して分解されることで発生します。

ノネナールは一般的に加齢とともに量が増える傾向にある。「オヤジ臭」と呼ばれることもあるが、実は女性の体からも見つかっています。皮脂腺の中で脂肪分がたまると増えやすいです。

以下の危ない生活習慣に注意しましょう。

・食事は肉類が中心・・・(肉類・マヨネーズ)

・毎晩のように酒を飲む

・タバコ

・睡眠不足

・運動不足

・ストレスがたまる・・・体内の活性酸素が大量に増えて、過酸化脂質が増えることでノネナールが増加してしまいます。